部下が報告しないのは、あなたのせい【悩み・方法】

働き方

こんな経験はありませんか?

“部下が報告しないから仕事で問題が発生した”
“何回言っても分からないダメダメ部下”

リーダーになると、責任と重圧と部下からのストレスなど、管理職という立場の悩みや
葛藤が出てきます。

その悩みや葛藤を上手にコントロール出来たらどれだけ良いものかと常々思います。

「パワハラだ!」「セクハラだ!」

ハラスメントやコンプライアンスやノルマやら・・・

上の立場になると、部下だけのことではなく全体を考えていかなければならない状況かの中、こんな事で訴えられたらたまったもんじゃありませんよね。

そうならないためにも、自分の身は自分で守るスキルを身につけると、仕事をしていく上でとても必要なマインドとしてきっと役に立つと思います。

そんな対処法を記事にしました。

本日のテーマ

部下が報告しないのは、あなたのせい【悩み・方法】

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、住宅メーカー勤続14年ほど。2児の父。
通算1000棟以上の着工上棟をし、1000組以上の顧客と建物の受け渡しをしました。
在籍歴代No,1の施工管理実績を持っています。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、部下が報告をしない・言うことを聞かない事でどうしたら良いのか悩んでいるという方に向けて書いています。

この記事を読むことで、違った観点から部下と接することが出来ると思います。

僕も、14年勤続して色々ありました。
「裁判」「パワハラ」「サービス残業」「休日無給出勤」「クレーム」「同僚の出世」
そんなことを乗り越えてきたからこそ、同じように悩んでいる方に伝えたい。

社会で生きるために必要なスキルを身につけ、嫌なことから少しでも避けて楽しく生活を
するためのマインドを紹介しています。

それではさっそく見ていきましょう。

部下が報告しないのは、あなたのせい【悩み・方法】

怒り

突然ですが、あなたは普段、顔を見て部下に挨拶を出来ていますか?

これが出来ていないと、そもそも部下からの報告は薄いかと思います。

あなたの部下は、あなた以上に目上の方や上司の言動だったり行動だったりに敏感になっているものです。全員がそうとは言い切れませんが、過去に怒られたりしている方は意識しているからこそ“報告が出来ない・しずらい“という方も少なくはないのではないでしょうか。

そんな方に向けて、“報告しろ”はプレッシャー以外の何物でもないと思います。

「そんなこと言っても仕事は仕事だ!

それも御もっともだと思います。

しかし、あなたがそう思えば思うほど、部下にはプレッシャーに感じ益々負のスパイラルへ陥り、やがては辞めていくでしょう。

では、部下に報告させるためにはどのようにしたら良いのか。

その理由をまとめてみました。

  • 部下は変えられない。
  • 人を動かすことの仕事【理屈】
  • 人の動かし方【方法】

上記になります。

部下は変えられない

あなたが部下の事で悩むように、部下もあなたのことで悩んでいるとしましょう。
あなたが部下を選べないと同じように、部下も上司を選べません。

なので、上司の言う事は会社の命令なので聞くのが当たり前だけれど、このようにお互いが悩んでいる関係に置いては“当たり前”が通用しません。

人は褒められたことより、怒られたときのほうがその時感じるインスピレーションが強く、それが目上の方や立場のある人から言われたらとても恐怖でしかありません。

あなたはどうでしょうか?

自分の直属の上司や、会社の社長などから怒られたときの印象は覚えてますでしょうか。

恐らく、まったく“怒られたことがない“という方はあまりいないでしょう。
むしろ、そのような企業であれば“当たり前”がとても良い方向を向いていると思います。

多くの方は、恐怖を感じています。

だからこそ、その恐怖は自分の部下も同じ。“自分だけが“と思っている以上は部下が変わってもあなたの意識は変わらないでしょう。

人を動かすことの仕事【理屈】

「これを○○までにやっておいてくれ」
「あれをとってくれ」

恐らくあなたの周りにもこんな方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ハラスメントぎりぎりの要求だったり、態度だったりというのはとても良くないことだと最近ニュースで話題となり非常にリスクのあるやり方へといつの時代が変化していきました。しかし、“人を動かす上では得策”という部分では、昔から“通用してきた”という結果なのだと思うので間違えではなかったのでしょう。

現在はどうでしょう。

上司は部下に気をつかい。
部下は上司会社より自己優先。

ニュースやTwitterなどを見ていると、そんな時代の風を感じます。

だからこそ、上司に出来ることはなにか?

“人を心理的に動かす=マインドコントロール“が今の時代には必要になってきたのではないでしょうか。

人の動かし方【方法】

部下と上手く付き合っていくためには、あなたが部下を動かさなければなりません。
それは当たり前ですが、あなたが上司であるが故、会社からリーダーとして任せられた立場にあるからです。

しかし、前章で述べた通り部下の多様化による時代の波に乗らなくてはいけないのも事実です。“マインドコントロール”は練習次第で身につく仕事のスキルです。

人の動かし方は様々な方法がありますが、僕は心理学者や専門家ではないので、経験に沿った形で“マインドコントロール”を賢く習得するための方法をご紹介します。

参考書を熟読

・「人を動かす」ために本当に大切なこと 著者:レス.ギブソン
・頭に来てもアホとは戦うな! 著者:田村 耕太郎

この2冊には、“相手は変えられない“という事が解りやすく丁寧に書かれています。ぼくもこの本を読み、”つまりは自分がどうあればいいのか“いうヒントを与えてくれました

YouTubeで検索

最近では、お悩み相談系のユーチューバーも増えてきました。
その方が肉眼で発信していることは非常に説得力があり、すぐにでもインプット出来るとっておきといえるでしょう。

【おすすめユーチューバー】
・大愚和尚の一問一答
・YouTube講演家 鴨頭嘉人

検索キーワードで自分の気持ちを検索

自分の今の気持ちを検索することで、自分にしかない解決方法が簡単に探せます。
例えば下記のように↓

部下 言う事を聞かない 悩み 
部下 腹が立つ
部下 無断欠勤 なぜ

このように検索する方が多いのではないでしょうか。

まとめ

・部下は変えられない。
・人を動かすことの仕事【理屈】
・人の動かし方【方法】

【部下が言う事を聞かないのはあなたのせい】
ここまで紹介してきましたが、そもそも大事なことは“部下が”ではなく“あなたが”に変換意識をもつことが一番の得策です。

例えば、先ほどの検索キーワードを使ったとしましょう。
「部下 腹立つ」を検索して悩みを解決しようとするのではなく、
「イライラ 鎮める方法」と検索して“あなた”を検索するほうのが、相手を変えられない現実を受け止めた上での行動となりよっぽど得策だと僕は思います。

部下が言う事を聞かないのは全てあなたの責任ではないですが、少なからずその要因を作ってしまっているのもあなたの言動や行動によるものだということを抑えて仕事に活かしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました