子育てに家事代行サービスという選択【悩み】

子育てママ

■ ママの約半数が「育児ノイローゼだと感じた事がある」
■ ママの9割以上が「育児ノイローゼ解消には夫の協力が必要」
■ ママの7割以上が「子供を叱りすぎて後悔したことがある」

※調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は636件
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_489.html

という実態が浮かび上がってきたそうです。

このデータからみても、いかに世のママが子供に対して何らかの辛い想いをしているということが解ります。

こんな悩みの方はいませんか?

・ちょっとでも負担を軽減出来たら
・解っているけどイライラする
・周りに頼るひとがいない

そんなかたのために、家事代行サービスを利用するという方法があります。

この記事を書いているのは、双子の女の子と男の子の2児をもつ父。
家族の為になにが出来るか日々考え、その情報を集め配信しています。

子育てに家事代行サービスという選択【悩み】

子育て中は子どものことで手がいっぱいで、家事まで手が回らないときってありますよね。

そのようなときに頼りになるのが家事代行サービスです。

一昔前の「家政婦さん」のイメージと違って最近は短時間の利用が可能になり、気軽に家事をアウトソーシングできるようになりました。

ただ、一番気になるのが料金・・・

この理由が利用に踏み切れないという方も多いでしょう。

そのようなとき自治体の支援や家事代行サービス業者にお得に家事代行を利用できることをご存じでしょうか?

共働きのご家庭はもちろん、自宅の近くに親類がいないママさんやワンオペで頑張る専業ママさんもぜひチェックしておきたい、家事代行サービスについてご紹介します

子育て応援クーポン

埼玉県東松山市の「リフレッシュチケット」や大分市の「おおいた子育てほっとクーポン」、横浜市の「ハマハグ」など、自治体で子育て世帯を応援するクーポンやチケット、パスポートを発行しているところがあります。
家事代行サービス業者へクーポン・チケットで支払いしたり、パスポートを見せると割引価格で利用できたりします。
子育て応援クーポンやチケットはあらかじめ自治体から対象世帯に配布されるので、「せっかくなら使ってみようか」と思えるのが嬉しいですね。

子育て支援パスポート

また、子育て支援パスポートは内閣府の提案で子育て世帯を支援するためにつくられたものです。インターネットで簡単に登録できる自治体が多く、家事代行サービスだけでなく飲食店や美容室、遊園地など幅広いジャンルで優待を受けられるのが魅力です。

家事代行サービス

家事代行サービスとはどんなもの?
気になる料金は?

■サービス/商品の概要
一般家庭向けの家事代行・料理代行・掃除代行のサービス提供会社
初回2時間/5400円

■サービス/商品の強み
・お家の中で、発生するお掃除・家事サービスに特化し、創業より18年が経過している点。
・打ち合わせ~お試し~契約まで、1人の営業が担当するため、情報の漏れがなく手厚いフォローが可能。
・営業担当者は、全員 専門クリーニング経験者の為、フォローで伺った際に、正しい掃除・家事の手順で教え、フォローが可能のため、トラブルが非常に少なくなっております。
・全て自社雇用スタッフで外注は一切ありません。
・1ヶ月分のお料理を献立作成から、冷蔵・冷凍保存まで可能です。
・東京海上日動の物損保険、PL保険完備
・入会金、年会費、スペアキー預かり手数料は一切なし。

■注意事項
定期サービス専門の家事代行サービスとなっております(最低契約月2回~ 6か月契約以上 )

上記が詳細になります。

家事代行スタッフ

また、逆に隙間時間で家事代行サービスのお仕事をしたいという方向けにもまとめました。

下記が詳細になります。

■サービス/商品の概要
東証一部上場のパソナグループの家事代行
ハウスクリーニングと家事代行を行っている。
そこで活躍いただけるスタッフ募集。

■サービス/商品の強み
スタッフ研修に力を入れており、数回にわたる家事代行の研修を経て
お客様宅に伺い研修講師が丁寧に指導。
家事を習いながら、研修時間給ももらえる。

■注意事項
対象エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

まとめ

◆自治体などの家事支援

・子育て応援クーポン
・子育て支援パスポート

◆業者に依頼する家事支援

・家事代行サービス
・家事代行スタッフ

一概に、これをやれば大丈夫というわけではありませんが、
このような支援やサポートを利用して少しでも負担を軽減させる
目的で利用するのも良いかもしれません。

このほかにも、子育ての悩みやサポート出来ることを記事にしていますので、
そちらも合わせて読んでいただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました