子育てに疲れ、不安に陥った時に読みたい【マインド】

子育てママ

Q.
子育てに疲れているのはわかるけど、なにが悪いのかわからない。
方法があるのであれば教えてほしい。

結論から言うと、子育てから楽になる方法はありません。

しかし、自分と上手く付き合うことで軽減され気持ちが楽になれます。

今回は、そんな軽減されるためにやるべきことをまとめてみました。

それがこちらになります。↓

  • こんな人はやばい、子育てノイローゼ予備軍
  • なんで泣いているのかを考え実行する
  • 自分を好きになるための練習

この記事を書いているのは、双子の女の子と男の子の2児をもつ父。
子供の為になにが出来るか日々考え、情報を集め配信しています。

こんな人はやばい、子育てノイローゼ予備軍

クラッシュ

この記事は単刀直入に簡潔に書いてます。

「そんなこと綺麗でしょ?」

と思っている方にはあまりおすすめしてません。

前を向くためのヒントとして読んでいただけると幸いです。

あなたは大丈夫?

ikari

あなたの周りにもこんな方いませんか?

他人のせいにする

ある日ジャンクフード店で受付け待ちしている時の、後ろの客の会話

A子「長くない?(待ち時間)」
B子「圧倒的に人数(店員)足りてなくない?」
A子「こんな忙しい時に休憩(店員)入っている場合かよ」
B子「いまは休憩を取らないいけないんだよ」
A子「あーぁ、腹減っているから早くしてほしい」

とてもどうでもいい会話ですね。

ですが、この会話から学び自分に置き換えてみてください。

そうすることで自分に足りないものが見えてきます。

まずA子さんは、

“今、自分はおなかがすいているのに満たされないのは店員のせい”と言っているようにも聞こえます。

つぎにB子さんは、

“こんなに待たされているのは、店員人数が足りてないのが原因”と決めつけ、自分を正当化している。とも捉えられます。(実際店員の数はそれなりにいました)

両者に言えることは、“自分”を中心に会話しているのがわかります。

ひとは無意識に、今の自分が満たされなかったり・イライラしたりするのを
他人のせいにしたがる傾向があります。

しかし、それをしたところでお腹は満たされませんしイライラを解消できる
わけではありません。
そんな無駄な思考をしていると、ただひたすら自分を消耗し、
疲労し疲弊するだけです。

あなたは大丈夫ですか?

都合のいいように置き換える

子供が泣き止まず困っている時を想像してください。

そんな時、下記のようなこと思いませんか?

・なんで泣いているのかわからない
・なんで泣き止まない
・なんでこんなに言うことを聞かない
・なんで困らせる

実際泣かれたらこんな事考えている余裕なんかありませんが。
このことが都合のいいように置き換えているわけではありません。

やばい人の特徴はそのあとです↓

「わたしは泣き止まない子の面倒を見ているのに旦那は手伝ってくれない」
「わたしは泣き止まない子の面倒を見ているのに誰もわかってくれない」
「わたしは泣き止まない子の面倒を見ているのに子供が言うことを聞いてくれないのが悪い」
「わたしだけなんでこんなに苦労をしなくはいけない」

気持ちは十分にわかりますが、、、

ただ、
この思考をしている以上は、
他のことでも自分の都合のいいように置き換えて物事を判断してしまいます。

そうなってしまうとネガティブが自分に襲ってきて更に負の連鎖へと陥ってしまう要因になります。

その要因はこちら↓

  • 子供が泣き止まないのは、旦那のせい?
  • 子供が泣き止まないのは、他人のせい?
  • 子供が泣き止まないのは、子供のせい?

前文にも似ていますが、ロックオンされた人はとてもじゃないですが
不快な想いをします。

その不快な想いこそが、更に拍車をかけ相手は自分を観ようと
出来なくなってしまいます。
時には、自分を観てくれる人の優しさを知らず知らずのうちに踏み
にじっている可能性もあります。

そんなこと言っても、実際はどうしようもできないんだよ!

こんな風に思うかたもいるかと思います。

しかし、そこから意識を変え学ぶことができれば、逆に、
自分の練習次第で迷いがなくなるということになります。

その意識とは↓

  • なんで泣いているのかを考え実行する
  • もし疲れてしまった時、ご褒美を決めておく

なんで泣いているのかを考え実行する

こう自分に問いかけてみてください。

「お腹がすいたのかな?」
「おむつの交換なのかな?」
「ただの甘えなのかな?」

きっと何も考えないで実行するよりかは、
一度自分に問うことで目標と目的が出来ます。

はじめからわかってるよそんなこと。

ほんとうに自分を変えたいのであれば、まずは
こう思っていてもまずは実行してみてください。
脳科学的にも、頭にインプットさせることで脳が認識し自分の気持ちを整えようと働きますので、わかっている物事こそそこにヒントがあります。

そこから学び、自分だけのヒントを見つける努力も必要です。

とても簡単なことではありませんが、全ては今の状況をよくするため
と思い繰り返し頑張ってみることが大切なのかもしれません。

【合わせて読みたい】
前頭葉(脳)の活用 子育てに疲れたら必要な心得【マインド】

もし疲れてしまった時、ご褒美を決めておく

「この子を泣き止ませることが出来たら自分にチョコ1個」
「この子が泣き止んだらご褒美にお菓子をあげよう」
「また泣くものだと思って、次に備え一緒に昼寝をして体力を残しておこう」

大事なことは、自分や他人を“責める“ことではなく、
変えることのできない現実とどううまく付き合っていくかです。

そのためのひとつの手法で、目標や目的があるとひとは疲れていても頑張れます。

子供を産むときに、はじめから“無理“と決めつけてそのまま産む人はいません。
無理と思っていても“新しい命のため”“親の責任”と感じ頑張りますよね。

このように考えると、自分の心構えひとつ、色んなことをある意味“都合のイイ”ように置き換えることができます。

自分を好きになるための練習をする

ここまで理解できている方は恐らく自分を好きになるために
やることが分かっているはずです。

自分を理解する努力をする

「私はだめな母親だ」→「私はだめな母親だけれど、この子には私しかいない」
気持ちだけでも、“自分”ではなく“子のため”と意識することで
自分を見つめなおす時間を与えてくれます。

自分にご褒美をあげる

(洗濯物を終えて子供のオムツを交換したら、昨日買ってきたケーキを食べよう)
これも自分を好きになるために、自分にご褒美をあげることで頑張っている自分に労いを与えるという効果があります。与えすぎは返って毒になるので程ほどに・・
何気なくやっているいつもの習慣も、実はちょっとした労いを自分にしていることも。

体力をつける

疲れているときは、どうしても自分にイライラしてしまいがち、それが子供や旦那さんに当たってしまうと『なんで私はこうなの・・』と自己険悪に陥ってしまう場合もあります。
そうなる前に、まずちょっとした事でも疲れない体力を作ると、今よりグッと自分を好きになれると思います。

【合わせて読みたい】
子育てに疲れたら、まず逃げて楽になろう!【マインド】

まとめ

  • なんでないているのかを考え実行する
  • もし疲れてしまった時、ご褒美を決めておく
  • 自分を好きになるための練習をする

『そんな簡単には無理だよ。』

まずはその意識から変えていくことで、あなたはきっと今よりもっと素敵なお母さんになれます。
ダメもとで今からでもチャレンジし、1人でも多くの方に楽しい家庭を築いていっていだたきたいです。

あなたならきっと大丈夫。

なぜそう言い切れる?

それは、大切なあなたがぼくの記事を最後まで見てくれたからです。

あなたはひとりじゃない。

【関連記事】
子育て疲れたときに読んでおく事①【悩み・不安】
子育てに疲れたら必要な心得【マインド】
子育てに疲れたら、まず逃げて楽になろう!【マインド】

タイトルとURLをコピーしました